spaceinvaders.jp スペースインベーダー公式サイト

メニュー

SPACE INVADERS INVINCIBLE COLLECTION

INVADING SOON

収録タイトル

通常版/特装版 収録タイトル

スペースインベーダー(白黒/カラー)

1978年・アーケード

スペースインベーダー(白黒)
スペースインベーダー(カラー)

画面上部から弾を撃ちながら侵略してくるインベーダーを、自機を操作し倒していくシューティングゲームの元祖。双方向からの攻撃という当時としては斬新なゲーム性が人々をひきつけ、世界的にブームを巻き起こした。初期は白黒画面でスコアが4桁しかなく、9990点に到達するプレイヤーが続出。その後、カラー版、スコア5桁版などが出荷された。

スペースインベーダー・パート2

1979年・アーケード

スペースインベーダー・パート2
スペースインベーダー・パート2

撃つと分裂する新たなインベーダーや500点UFO、インベーダーの増援などの新要素を追加。前作ではバグだったレインボーという技が公式な仕様となり、ボーナスが入るようになった。国産ゲーム史上、初めてネームエントリーが導入されたゲームと言われている。

マジェスティック トゥエルブ 「MJ-12」

1990年・アーケード

マジェスティック トゥエルブ 「MJ-12」
マジェスティック トゥエルブ 「MJ-12」

アーケードとしては4作目となる『スペースインベーダー』シリーズ。二人同時プレイが可能になった他、ステージがゾーン分岐するようになり、ボスも登場。UFOを撃墜するとアイテムが出現し、ビームやレーザーを発射できるようになったり、時間を止めたりすることができる。UFOから牛を守るボーナスステージが当時話題になった。

スペースインベーダーエクストリーム

2018年・STEAM

スペースインベーダーエクストリーム
スペースインベーダーエクストリーム

『スペースインベーダー』30周年記念作品としてリリース。基本ルールは従来のスペースインベーダーを踏襲しながらも、BGMとショット音を連動させるインタラクティブサウンドとスタイリッシュなビジュアルのシンクロによる爽快感が評価された。インベーダーを撃墜した順序によってFEATURE(役)が成立し、アイテムやミニゲームが発生するため、戦略的な遊び方もできる。今回は2018年版である『スペースインベーダーエクストリーム for Steam』をベースに収録。

特装版のみ収録タイトル

スペースインベーダーDX

1994年・アーケード

スペースインベーダーDX
スペースインベーダーDX

オリジナルの「スペースインベーダー」を楽しめるモードや対戦モードに加え、タイトーゲームのキャラクターが多数登場するパロディモードを遊ぶことができる。「バブルボブル」「アルカノイド」「ダライアス」「奇々怪界」などステージごとにタイトルが入れ替わり、インベーダーや自機、背景などがそれぞれのタイトルのキャラクターやイメージに変化する。

スペースサイクロン

1980年・アーケード

スペースインベーダー90
スペースインベーダー90

1980年にリリースされたシューティングゲーム。『スペースインベーダー』シリーズではないが、同じ基板を元に、スペースインベーダーの生みの親である西角氏が手掛けた「幻のゲーム」。流星にワープしながら波動砲を発射して進撃してくるベーム(昆虫サイボーグ)、稲妻のようなサイクロン砲を放つ敵ロケットやUFOを、ロケット砲を操作して倒すのが目的。デジタル化された音声サンプリングが使用された、初期の「しゃべる」ビデオゲームの1つでもある。

ルナレスキュー

1979年・アーケード

スペースインベーダー90
スペースインベーダー90

『スペースインベーダー』ブームの後、西角氏がスペースインベーダーと同じハードウェアを使い開発した作品。救助艇を操作して隕石を避けながら月面へ降下する着陸ゲームと、UFOと戦いながら母船へ戻るシューティングゲームを繰り返し、月面に取り残された宇宙飛行士6人全員を救助するのが目的。逆噴射を使いすぎると燃料切れとなってしまう。デモ画面にインベーダーがゲスト出演する。

※他タイトルも今後追加で発表予定!!

© TAITO CORPORATION 1978, ALL RIGHTS RESERVED.
Nintendo Switchは任天堂の商標です
© 2017 Nintendo

製品情報へもどる