spaceinvaders.jp スペースインベーダー公式サイト

メニュー

スペースインベーダーとは

「スペースインベーダー」はタイトーが1978年に開発し、世界的にブームを巻き起こしたゲームです。
1978年6月16日に当時のタイトー本社ビルで新作発表会を開いた時、初めて世に発表されました。同年7月頃から出荷され瞬く間にブームに火が付き、日本中をインベード(侵略)していきました。

最初は白黒のモニターだったものがカラー化された頃にはインベーダー現象(と言われていた)はさらに過熱 し、そのまま全米、そして世界のゲーム市場へと広まっていったのです。「スペースインベーダー」は双方向からの攻撃という当時としては斬新なゲーム性でプレイヤーの心理をとらえ、それまでゲームに関心が無かった人達も惹きつけました。また、日本で初めてプログラムに著作権が認められ事例でもあり、日本におけるソフトウェア保護の流れに大きく貢献しました。

現在でも最新のデバイスで新しい表現による「スペースインベーダー」のゲームを世 に向けて配信しており、 今もなお世界中のファンに愛されるゲームとなっています。

知ってる?スペースインベーダーのいろいろ

筐体

スペースインベーダーは当時、アーケードゲームとして発売されました。アーケードゲームにはアップライト筐体とテーブル筐体の2種類があり、テーブル筐体は喫茶店に多く置かれ、お茶を飲みながら友人とスペースインベーダーを楽しむ人が多くいました。

スペースインベーダー・アップライト筐体
スペースインベーダー・テーブル筐体
喫茶店でプレイするイメージ1
喫茶店でプレイするイメージ2

インベーダーハウス

当時ブームが過熱し、すべてのゲームをスペースインベーダーに替えたゲームセンター、文字通りの「インベーダーハウス」が次々と現れました。

インベーダーハウス
インベーダーハウス

名古屋撃ち

ブームの中、プレイヤーが独自のプレイ方法をみつけだしていきます。誰がどこで始めたかは定かではありませんが、名古屋打ち、レインボーなどの技が生まれました。各地のインベーダーハウスでは、高得点者名を掲示したり、競技大会も行われました。

名古屋撃ち
レインボー

※動画は「SPACE INVADERS for NESiCAxLive」のものです。

トップページへ戻る