• トップ
  • ニュース
  • スペシャル
  • スペースインベーダーとは
  • 利用規約
  • お問い合わせ

スペースインベーダーとは

スペースインベーダーとは

「スペースインベーダー」はタイトーが1978年に開発し、世界的にブームを巻き起こしたゲームです。
1978年6月16日に当時のタイトー本社ビルで新作発表会を開いた時、初めて世に発表されました。
同年7月頃から出荷され瞬く間にブームに火が付き、日本中をインベード(侵略)していきました。
最初は白黒のモニターだったものがカラー化された頃にはインベーダー現象(と言われていた)はさらに過熱 し、そのまま全米、そして世界のゲーム市場へと広まっていったのです。
「スペースインベーダー」は双方向からの攻撃という当時としては斬新なゲーム性でプレイヤーの心理をとらえ、それまでゲームに関心が無かった人達も惹きつけました。また、日本で初めてプログラムに著作権が認められ事例でもあり、日本におけるソフトウェア保護の流れに大きく貢献しました。
現在でも最新のデバイスで新しい表現による「スペースインベーダー」のゲームを世 に向けて配信しており、 今もなお世界中のファンに愛されるゲームとなっています。

筐体

筐体

スペースインベーダーは当時、アーケードゲームとして発売されました。
アーケードゲームにはアップライト筐体とテーブル筐体の2種類があり、テーブル筐体は喫茶
店に多く置かれ、お茶を飲みながら友人とスペースインベーダーを楽しむ人が多くいました。

筐体筐体

インベーダーハウス

インベーダーハウスインベーダーハウス

当時ブームが過熱し、すべてのゲームをスペースインベーダーに替えたゲームセンター、文字通りの「インベーダーハウス」が次々と現れました。

名古屋撃ち

ブームの中、プレイヤーが独自のプレイ方法をみつけだしていきます。
誰がどこで始めたかは定かではありませんが、名古屋打ち、レインボーなどの技が生まれました。
各地のインベーダーハウスでは、高得点者名を掲示したり、競技大会も行われていったのです。

スペース インベーダー⇒http://squareenix.havendevsite.com/spaceinvaders/ (英語版スペースインベーダーポータルサイト)

ヒストリー

スペースインベーダー発売年表

1978

スペースインベーダー
スペースインベーダースペースインベーダー

言わずと知れたシューティングゲームの元祖。
スコア表示が4桁や5桁、画面がセロハン貼りやカラーなど様々なバージョンが存在する。

1979

スペースインベーダー・パート2
スペースインベーダー・パート2スペースインベーダー・パート2

撃つと分裂するキャラクターや500点UFO、キャラクターの増援などの新要素を追加。
レインボーを決めるとボーナスが入るようになり、バグが公式な仕様となった。
ゲーム史上初のネームエントリーを導入。

1985

スペースインベーダー (ファミリーコンピュータ)

タイトー製ファミリーコンピュータソフト第1号。

スペースインベーダー (MSX)
リターン・オブ・ザ・インベーダー(アーケード)
リターン・オブ・ザ・インベーダー(アーケード)

グラフィックやルールを大胆にアレンジした初期の野心作。
パワーアップもシリーズ初。
自機の弾を跳ね返す強敵「リガード」の存在が戦闘にアクセントを与えた。

1990

スペースインベーダー復活の日 (PCエンジンHuカード)

オリジナルの移植と共に収録されているアレンジ版「PLUS VERSION」がプレイヤー間で高い評価を受け、今もなお根強い人気を誇る。

マジェスティック・トゥエルブ 「MJ-12」
マジェスティック・トゥエルブ 「MJ-12」マジェスティック・トゥエルブ 「MJ-12」

副題「パート4」の通り業務用として4作目になる。
二人同時プレイが可能に。
UFOから牛を守るボーナスステージが当時話題になった。

スペースインベーダー (ゲームボーイ)、スペースインベーダー’90 (メガドライブ)

1994

スペースインベーダーThe Original Game (スーパーファミコン)

初の対戦モードを搭載。家族や友人と一緒に楽しめるようになった。

スペースインベーダーDX

タイトーゲームのキャラクターが多数登場するパロディモードを搭載。 ゲーム性は初代スペースインベーダーと同じ。

1995

スペースインベーダーバーチャルコレクション (バーチャルボーイ)
あっかんべぇだぁ〜

タイトーの業務用ゲーム「奇々怪界」や「ダライアス」のパロディを盛り込んだ一風変わったスペースインベーダー。プレイヤーセレクトや溜め撃ちが可能でゲームプレイの幅が広がった。

1996

スペースインベーダー (セガサターン)

1997

スペースインベーダー (プレイステーション)

1998

スペースインベーダー2000 (プレイステーション)

1997年発売「スペースインベーダー」(プレイステーション)の廉価版。「ダライアス」を始めとするタイトーの歴代シューティングゲームのBGMを聴きながら遊べるというマニアックなモードがある。

2000

スペースインベーダーX (プレイステーション)
スペースインベーダーX (ゲームボーイカラー)

海外で先行発売されたという、シリーズ中では珍しいタイトル。

2001

スペースインベーダーX (iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)

携帯電話のJavaサービス開始とともに、ケータイにも登場。

2002

スペースインベーダーEX (ゲームボーイアドバンス)
スペースレイダース (プレイステーション2)
スペースレイダース (プレイステーション2)

スペースインベーダーをベースに新しいシューティングゲームとして開発された。画面中のキャラクターは全て3Dで表現されており、リアル調のグラフィックが特徴。

スペースインベーダー (欧州ボーダフォンライブ)

海外のケータイでも楽しめるようになった。

2003

スペースレイダース (ニンテンドーゲームキューブ)
スペースインベーダーアニバーサリー (プレイステーション2)
スペースインベーダーアニバーサリー (プレイステーション2)

誕生25周年記念作品。モード選択画面がインベーダーハウスになっていて、スペースインベーダーの歴史だけでなく筐体の歴史も同時に楽しめる。開発者インタビューや当時の資料集のモードも収録。また、限定版のテーブル筐体型コントローラーも話題を呼んだ。

インベーダーグルーヴ (iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)

誕生25周年記念作品。有名DJとのコラボによる独特のグルーヴ感を持つBGMと、回転・分裂などケータイオリジナルの多彩なアクションで迫りくるキャラクターが楽しめる。

2004

キュービックインベーダー (iモード/Yahoo!ケータイ)

スペースインベーダーを大迫力の3Dグラフィックで楽しめる作品。

2005

スペースインベーダーDS (ニンテンドーDS)

オリジナルの移植版とあらゆるミッションに挑む「NEW AGE Ver.」を収録。

スペースインベーダーポケット (PSP)

歴代の業務用スペースインベーダーシリーズが一本に。

パックマン×スペースインベーダー (iモード)
パックマン×スペースインベーダー (iモード)パックマン×スペースインベーダー (iモード)

2ヶ月限定で配信されたコラボ企画。「スペースインベーダー」のゲーム画面で、UFOの代わりにパックマンとモンスターが出現する。なお、株式会社バンダイナムコゲームス(旧:株式会社ナムコ)からは同じく2ヶ月限定で、「パックマン」のゲーム画面で、モンスターの代わりにスペースインベーダーのキャラクターが登場する「スペースインベーダー×パックマン」が配信された。

2006

やわらか戦車 VS スペースインベーダー (iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)
やわらか戦車 VS スペースインベーダー (iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)

livedoorネットアニメにて公開された人気Flashアニメ作品とのコラボレーションFlashゲーム。

2007

みんなでインベーダー(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)
みんなでインベーダー(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)

「全国各地に来襲したスペースインベーダーから地元を守るためにみんなで協力して挑む」という、都道府県対抗で楽しめるカジュアルゲームを集めたコーナー。

2008

スペースインベーダーエクストリーム(ニンテンドーDS)
スペースインベーダーエクストリーム(ニンテンドーDS)

誕生30周年記念作品。別売の「バドルコントローラDS」や「DS振動カートリッジ」に対応。ゲームの進行に伴いBGMが変化するインタラクティブサウンドとBGM一体型サウンドエフェクトを搭載。

スペースインベーダーエクストリーム(PSP)
スペースインベーダーエクストリーム(PSP)

誕生30周年記念作品。BGMには有名DJが手がけるテクノサウンドを採用。

SPACE INVADERS GET EVEN 逆襲のスペースインベーダー(Wii Ware)
スペースインベーダーエクストリーム(PSP)

誕生30周年記念作品。自分がインベーダー側となりチキュウを侵略していく新いコンセプトが特徴。

スペースインベーダー インフィニティジーン(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)
スペースインベーダー インフィニティジーン(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)スペースインベーダー インフィニティジーン(iモード/EZweb/Yahoo!ケータイ)

誕生30周年記念作品。「進化」をテーマと、プレイするほどに、自機、ステージ、サウンド、そしてゲームシステムまでもが「進化」していくゲーム。

2009

スペースインベーダー(iPhone/iPod touch)

タイトーのiPhone/iPod touch向けゲーム参入第一弾タイトル。加速度センサーなどiPhone/iPod touchならではの操作性を活かし、これまでにない直感操作でのプレイも楽しめる。

スペースインベーダー(Android)
エターナルヒッツ スペースインベーダーエクストリーム(PSP)
スペースインベーダーエクストリーム2(ニンテンドーDS)
スペースインベーダー インフィニティジーン (iPhone/iPod touch)

2008年に登場したフィーチャーフォン版から「進化」を遂げ、指で自機をドラッグするだけの直感操作でプレイできるシリーズ作。iPhone/iPod touchのミュージックライブラリ内の楽曲でオリジナルステージをプレイできるという斬新なシステムも搭載。世界中で数々の賞を受賞。

スペースインベーダーエクストリーム Z (ニンテンドーDSi)

2010

スペースインベーダー ツールアプリ(iPhone/iPod touch)

「スペースインベーダー」仕様の電卓、時計、タイマー、電池計、ライト、メモリーチェッカー、名刺の全7種類のツールアプリ。随所にさまざまなギミックが盛り込まれている。

スペースインベーダー HD(iPad)

大きく綺麗な画像で遊べるようになった。また、このアプリが使用できるiPad専用アクセサリー「iNVADERCADE (インベーダーケード)」も2011年に発売された。

スペースインベーダー インフィニティジーン(PS3/XBOX360) ※発売元:株式会社スクウェア・エニックス

モバイルから家庭用に「進化」を遂げたシリーズ作。スペースインベーダーが2Dスクロールシューティングに、そして3Dシューティングへ。ゲームの進化の歴史を描いた名作。

2011

スペースインベーダー インフィニティジーン(Android)
グルーヴコースター(iPhone/iPod touch/iPad)

グルーヴ(音楽にノる楽しさ)とジェットコースターをかけあわせた、ジェットコースターのように縦横無尽に疾走しながらリズムを刻む音楽ゲーム。世界中で数々の賞を受賞。公式サイト:http://groovecoaster.com/

2012

グルーヴコースター ゼロ(iPhone/iPod touch/iPad)
グルーヴコースター ゼロ(iPhone/iPod touch/iPad)

前作グルーヴコースター(iPhone/iPod touch/iPad)を基本無料で楽しめるようにしたシリーズ作。J-POPをはじめとする有名曲を取り入れ、より幅広いお客さまにお楽しみいただけるようパワーアップ。
公式サイト:http://groovecoaster.com/

2013

グルーヴコースター (アーケード版)
2013

生誕35周年記念タイトル。美しく迫力のある映像と多彩な音楽、専用コントローラー「BOOSTER(ブースター)」による直感的な操作で、すぐにグルーヴする(音楽にノる)楽しさが味わえる大画面・音楽体感アトラクション。
公式サイト:http://groovecoaster.com/ac/